• 臨床データーベースが新たな医療を開拓

    私たちが日常的に受けている医療はすべて臨床であり、その医療のデーターベースにより新たな医療の開拓となります。
    とくに薬物療法は、今後治療のメインとなります。

    医療のデーターベースが気になる方に必見の情報です。

    日本人のがん患者は年々右肩上がりで、昨今では日本人の2人に1人が罹患する時代となりました。

    癌は不治の病と言われた時代にも将来治療可能な時代が来ると考えられていましたが、治療実績がまだまだ少なく、臨床やデーターベースが乏しかったことに根治出来なかった根拠があります。

    臨床データーは多くの患者と治療法から集積し、効果や治療に伴う副作用など様々な情報を集積および分析し、今後の治療効果を高めるための研究が医療機関と製薬会社で連携して取り組まれます。


    とくに問題なのは、治療効果より副作用となるでしょう。

    副作用は治療により概ね予想される出現となるでしょうが、患者さんの体質や体調によって異なる出かたとなります。

    今すぐ見つかるYahoo!知恵袋の情報サイトです。

    嘔吐や脱毛、皮疹やアレルギー、倦怠感、めまい、貧血、血圧上昇、時には重篤な症状にまで発展する副作用も出現することがあります。



    がん治療の化学療法では、標準的な化学療法で、効果を見ながら副作用の出かたを確認し、副作用が出次第、それのみを封じ込める治療に変更してゆきます。


    その後は副作用のみを抑えて主作用を高める治療を行うのですが、個別の患者で副作用の出かたをデーターベース化し、今後の治療薬の開発に役立てています。
    医師は臨床の現場で情報収集の役割を担っており、的確な情報収集を行うことが、今後の治療の発展となるのです。