• 臨床のデーターベース化が最新医療の開発を促す

    • 日本でもっとも深刻な病気に「癌」があります。


      食の欧米化やストレス社会による影響から、近年、癌の罹患率は上昇し、2人に1人が何らかの癌に罹患すると言われています。癌の罹患者を追跡していくと、60代以上の罹患率が50代までより急角度で伸び、70代、80代と右肩上がりとなります。


      癌の治療は、外科的治療、放射線治療、化学療法が3大療法として広く知られ、ステージの進行がみられる患者さんの場合、化学療法中心に治療が行われます。
      実は、癌罹患者増加の本当の理由は、日本人の長寿化です。高齢期に免疫力が下がると罹患率が高くなるのです。

      さらに、高齢者の病気の進行は遅く、しかしながら、抗がん剤による体力や免疫力の低下も問題視されていますので、治療が難しく複雑化することがあります。

      医療のデーターベース関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

      化学療法に用いられる抗がん剤には、効果と副作用の両方が存在し、副作用は時として治療の妨げとなります。

      毎日新聞の有益な情報のご紹介です。

      化学療法は現在目覚ましい発展をしましたが、まだまだ救えない命もあります。
      医療機関での治療実績がデーターベースとなり、次の治療へと繋がるのです。がん治療では今後化学療法が進歩すると言われており、切らずに癌が根治する時代が来ると言われています。

      そのためにも副作用の情報は有益です。

      副作用は主作用を得る為に止むを得ず出る、治療の副産物です。
      副産物から新たな治療が生まれることもあります。



      医療でのデーターベースが様々な治療への進捗となるのです。

      副作用が治療の妨げとなるため、患者さんや患者さんの家族にとっては懸念ともなり、副作用を考えて治療を拒む人もおられます。しかし、主作用および副作用の双方から今後の医療のデーターベース化が進むことが、癌治療の未来を切り拓くため、医師の薬剤の治療のコントロールがもっとも重要となるのです。

  • 納得の情報

  • みんなの常識

  • 身に付けよう・詳しく知りたいなら

    • 医療情報データーベースは何に役立つか

      近年、医療情報の電子化が進展しており、公的および民間によるデーターベースが構築されています。医療情報データーベースには、電子カルテや診療報酬明細書をはじめとし、患者臨床情報、あるいは診断名などの幅広いデーター内容が含まれます。...

    • 臨床データーベースが新たな医療を開拓

      私たちが日常的に受けている医療はすべて臨床であり、その医療のデーターベースにより新たな医療の開拓となります。とくに薬物療法は、今後治療のメインとなります。...